宅配と店舗の違い|ハウスクリーニングで掃除の手間が省ける【育児に忙しい主婦の味方】

宅配クリーニングと店舗の違いはココ!利用したくなるメリット

宅配と店舗の違い

婦人

宅配クリーニングの詳しい情報

宅配クリーニングは、都合がいい時に業者が自宅に行き、服や布団などを集荷しにきます。主に、介護、仕事で忙しい人に利用されており、クリーニング店が遠くていけないという場合に利用されています。また、洗濯物が思うようにできず溜まる一方という人にも宅配クリーニングは頻繁に利用されています。よりお得に便利に使えるようにと、各宅配クリーニング業者では特典とサービスの充実を図り、新規顧客獲得に一生懸命です。

店舗でクリーニングをする場合

店頭と宅配クリーニングには違いがあります。一つ目の違いは、依頼の仕方です。宅配クリーニングの場合ネットで申し込み可能ですが、店舗の場合は直接足を運んで依頼をします。宅配クリーニング業者ではメールで、シミの確認と仕上げの仕方を事前に確認してくれる良心的なところも存在します。店舗の場合、直接行くのは面倒ですが、シミの位置や仕上げ方法など、こうしてほしいということを明確に伝えられます。しかし、量が多すぎると持ち込むのはとても大変です。特に介護施設を営むところは業務に追われる毎日なので、店舗に足を運ぶ余裕すらありません。そういう時に便利なのが宅配クリーニングなのです。

宅配クリーニングを使うメリット

丁寧に汚れを落とし、且つ早く仕上げることをモットーにする宅配クリーニングですが、価格が安いことも人気が出た理由です。特に助かるのが往復でかかる送料を負担してくれることです。また、湿度管理が徹底されているところでの衣服保管もお金がかかりません。会員登録をすれば、利用料金の割引が受けられるので節約意識が高い人ほど登録すべきでしょう。

利用する時の注意点

便利で使いやすい宅配クリーニングですが、衣類のタイプを把握せず依頼した結果表記されている値段より高くなったという例があります。他にも、依頼したものがなくなってしまい泣き寝入りするしかないなど、宅配クリーニングの裏ではこうしたトラブルが少なからず発生しています。利用する時の注意点としては、管理がしっかりされていること、また信頼できる業者に依頼することです。この二つを守れば、事例のようなトラブルは発生しないでしょう。